2019/05/07【オススメの商品】

4/23に開催された食育セミナーより
『新玉葱』をご紹介いたします。



新玉葱とは?
収穫後に乾燥・貯蔵をせずに出荷される春にとれる玉葱です。
一般的な玉葱は収穫後に保存性を高めるために乾燥・貯蔵をしますが、
春にとれる新玉葱は収穫後すぐに出荷されるため、水分を多く含みます。
果肉が柔らかく、甘みがあるのが特徴で、サラダなどの生食に適しています。
一般的な玉葱と比べ日持ちしないので、早めに食べきるのがオススメです。


今回の食育セミナーではそんな『新玉葱』を使用した
『新玉葱のまぐろ缶和え』のレシピをご紹介いたしました。



レシピ

春ならではの新玉葱のシャキッとした食感と
みずみずしさを楽しむことのできるレシピです。

セミナー当日は『新玉葱の味噌クリームスープ』を紹介しました。

新玉葱は柔らかいため加熱すると溶けやすく、甘みがあるので
粗みじんにした後 炒めずにそのまま煮込みます。

ご家庭にあるほうれん草やアスパラガスなどの火の通りやすい野菜を使って
手軽に作れる一品です。


玉葱は通年出回っていますが、新玉葱の甘みや食感を味わうことができるのは
3〜5月の春だけ。
是非お買い求めください。

2019/05/07【イベントリポート】

4月23日に豊島市場で食育セミナーが開催されました。



当日の豊島市場。
曇り空ですが気温は温かく、朝の豊島市場も
春らしい気温になってきました。









春から初夏にかけて旬を迎える果物や野菜も多く出回っています。

当日は『新玉葱』を使用した
『新玉葱のまぐろ缶和え』のレシピをご紹介しました。



春が旬の新玉葱のシャキッとした食感を楽しめるレシピです。




セミナーの様子。
多くの買参者の方にご参加いただき、今回も大変賑わいました。



当日紹介したのは新玉葱を使った『新玉葱の味噌クリームシチュー』。
一般的な玉葱は甘みを引き出すために炒めてから煮込みますが、
新玉葱は甘みが多く柔らかいので、油で炒めずにそのまま煮込んで調理できます。



今回の試食果実はニュージーランド産『キウィフルーツ』でした。

当日提供したのは、黄色い果肉が特徴的な『ゴールドキウィ』。
やや細長く、果頂部が絞ったような形をしています。
酸味が少ないので酸味が苦手な方も安心して召し上がれます。

玉葱は通年出回っていますが、新玉葱のおいしさを味わえるのは春だけ。
是非今回のレシピをお試しください。

Committee on Vitalization of Toshima market
2019/04/18【イベント告知】

4月の食育セミナーと旬の果実試食会を23日(火)に開催致します。
今月の食育セミナーのテーマは『新玉葱』です。



新玉葱を使った『新玉葱のまぐろ缶和え』のレシピをご紹介致します。



今回の試食はニュージーランド産の『ゴールドキウィ』を使用します。

豊島市場の買参者、買出人の方は是非、お集まり下さい。

食育セミナー&果実試食会
場所 :豊島市場 卸売場
日時 :4月23日(火) AM7:10頃(移動競売終了)から20分程度を予定
テーマ:『新玉葱』
料理 :『新玉葱のまぐろ缶和え』
試食  :『ゴールドキウィ』
その他、詳細、紹介したレシピ等は随時お知らせ致します。

Committee on Vitalization of Toshima market
2019/04/16【旬の商品】

豊島青果では静岡県産の『葉生姜』(谷中生姜)が入荷しております。


甘酢漬けや醤油漬けだけではなく、肉巻き、野菜炒め、天ぷら、つくね焼きと様々な用途でお使いいただける野菜です。
豊島青果に入荷中の『久能葉生姜』は柔らかく爽やかな食味が特徴の美味しい『葉生姜』です。
是非、お試しください。

2019/04/02【オススメの商品】

3/26に開催された食育セミナーより
『大玉トマト』をご紹介いたします。



私たちの身近にあり、食卓を彩ってくれるトマト。
生食でも加熱調理してもおいしく、ケチャップなどの加工食品の原料にもなる
馴染みの深い万能野菜です。

今回のセミナーで使用したのは栃木県産のトマトです。
栃木県のトマト生産量は全国第6位。
栃木のトマトは年内から出荷が始まり、温かくなる3月〜6月に最盛期を迎えます。
大玉トマトのほか、高糖度トマト、ミニトマト、房なりトマトなど
さまざまな種類のトマトが出荷されています。

今回はそんな栃木県産『トマト』を使用した
『大玉トマトの玉手箱』のレシピをご紹介いたしました。



ナスがもつ「スポンジ効果」でトマトとツナのうま味をしっかり吸い込み、
大玉トマトに閉じ込めます。
小ぶりなトマトを使用する場合はリゾットにアレンジしても絶品です。

トマトは通年出回っていますが、春冬に出回るトマトのおいしい時期は
日照時間の伸びるこれからの時期。
日の光をたくさん浴びたトマトは甘みをたくさん含み、
旬の味を存分に味わうことができます。

これからがおいしい『トマト』を是非お買い求めください。

2019/04/02【イベントリポート】

3月26日に豊島市場で食育セミナーが開催されました。







当日朝の市場内の様子。
多くの人で賑わっています。







熊本県産のあまなつかん、小玉スイカなども出始まっています。


当日は栃木県産『トマト』を使用した
『大玉トマトの玉手箱』のレシピをご紹介いたしました。



レシピ

加熱することで引き出されたトマトのうま味は
ナスのスポンジ効果でギュッと閉じ込めます。
寒い時期にピッタリなお手軽レシピです。





セミナーの様子。
今回の『大玉トマトの玉手箱』のレシピをアレンジし、
リゾットとして買参人の皆様に試食の提供をしました。

まだ肌寒い朝が続く豊島市場。
今回のレシピも体が温まると大変好評でした。



今回の試食果実は『マーコット』でした。

糖度が高く、濃厚な甘みと程よい酸味が特徴で、
種が多めではありますが、じょうのうごと食べることができます。
外皮は薄く、手で剥くことも可能ですが、実とくっついて
剥きにくい場合はナイフでカットするのがオススメです。


寒い時期にも温まるトマトを使ったレシピのご紹介でした。
電子レンジ加熱のみで簡単にトマトのうま味を引き出すことができます。
トマトは生食でもおいしいですが、加熱調理をすることで甘さが増して
より美味しく召し上がれます。

是非今回のレシピをお試しください。

Committee on Vitalization of Toshima market
2019/04/01【採用情報】


東京豊島青果株式会社の2019年度新入社員入社式を開催しました。



今年度は新入社員を代表して、濱岡さんに抱負を語って頂きました。


今年度は3名が東京豊島青果の一員となりました。
彼らはこの後、社内研修(社則・業界・経理・PC)、ビジネスマナー研修、市場研修、産地研修、販売先研修を経て3か月後に正社員となります。
豊島市場隣接の染井霊園も板橋市場も名物の桜が満開になる素晴らしい入社式となりました。

 

2020年度の新卒者採用活動はすでにスタートしております。
採用の概要、説明会の予約等は下記の【マイナビ2020】東京豊島青果鰍フページへエントリーからお願い致します。

尚、中途採用につきましては現在、個別での応対になります。
弊社ホームページの採用情報をご覧の上、管理部総務グループの採用担当までお問い合わせください。

採用情報

東京豊島青果を引き続きよろしくお願い致します。